マチのつけ方・表の返し方 がまぐちバッグ


がまぐちバッグの「マチのつけ方」と、「表の返し方」です。

マチのつけ方は、基本的には中袋のマチつけと同じです。
布の厚みが増えたり芯が突っ張る分、縫いづらさはアップします。

◆ ページ内 もくじ ◆◆◆
【大-2】キルティング布のマチ
【小-3】ラミネート布+シール芯のマチ
【大-1】玉縁芯・底板芯入りのマチ




各デザインの詳細は画像をクリックしてください
↓
がまぐちバッグ4型+応用
①大1
②大2

③小3
④小4
⑤小3応用


このページは スマホ版の表示で ご覧いただけます。
リーダー表示は不具合が発生するのでご注意下さい。


当サイトの作り方は ステッチ定規 を使用して製作しています。
縫い位置の印等は入れていないので、やりやすい方法で お作り下さい。




【大-2】キルティング布のマチ


2014-1104-01.jpg

今回のマチつけの説明では「しつけ」をかける方法は紹介していません。
しつけをかけて作りたい場合は、こちらの記事を参考に…
↓
ポーチ・マチのつけ方
↓


ここまでの作り方は、コチラ
↓

芯なし、合成皮革の底つけ方


キルティング布のマチポケット



2014-1104-02.jpg

カーブのぬいしろ部分に2本、最初と最後の糸を長めに残し、粗い目のミシンで縫っておきます。ミシン目が細かいと縮めにくいです。

2014-1104-02.jpg
アップ
上は中袋マチで布が薄いので1本ですが、表マチは2本縫いです。
裏側の糸を引っ張って縮め、カーブに軽く丸みをつけます。
マチの中央部分は平らになるように…

2014-1104-03.jpg

上端は裁断の加減などでズレやすいので、途中の合印の位置を合わせます。

2014-1104-04.jpg

ぬいしろは1cmで縫います。

2014-1104-05.jpg

合印を合わせ、途中で縮めた糸を調整しながら縫います。
合印位置が合わず無理に縫うと歪みが出るので、早めにほどいて縫い直します。

2014-1104-06.jpg

片側のマチが縫えたら、一度表に返して状態を確認します。

極端に歪んで見える部分や、ポケットが折れ曲がって縫いこまれていたり…?
気になる箇所がある時は部分的にほどいて縫い直します。


上↑
上は中袋ですが、胴側の合印が両側水平の高さになっていないと?完成時にマチがねじれて見えたりします。表マチは厚みがあるので縫いづらいです。

2014-1104-07.jpg

再び裏返して反対側のマチをつけ、表に返して状態を確認します。
問題なければ裏側に戻し、同じ縫い目の上に重ねて「二度縫い」します。

底板芯やシールタイプの硬い芯を貼っていない場合、ひっくり返す作業はさほど大変ではないです。

2014-1104-08.jpg

上側5cm程度の縫いしろを割り、切り込みを入れます。

2014-1104-09.jpg

カーブの部分の縫いしろを、5mm程度にカットします。

2014-1104-11.jpg

丸みの縫いしろにも、浅く切り込みを入れます。

2014-1104-10.jpg

上側の切り込み位置や、カーブのカット位置はマチの型紙に書いてあるので、目安として…。丸みの縫いしろにも、浅く切り込みを入れます。

2014-1104-12.jpg

表に返します。

2014-1104-13.jpg

マチ中央の切り込みを入れた部分は破れやすいです。
無理に引き出すと ここが裂けてしまうので、ゆっくりと…

2014-1104-14.jpg

シワを伸ばして形を整えます。

2014-1104-15.jpg

マチの部分は内側から縫い目を押し出すように伸ばして整えます。
②【大-2】のバッグ、マチつけ終了です。




【小-3】ラミネート布+シール芯のマチ


2014-1104-24.jpg

アイロンがかけられないラミネート加工布ですが、マチのつけ方は上のバッグと同じです。張りのある「シールタイプの芯」を貼っているので、表に返す作業は慎重に…。
底板芯が入っていないので、ひっくり返すのは まだラクです。

ラミネート素材の芯の貼り方
↓

表胴と底は圧縮ウレタン1.0mmのシール芯、マチは0.4mmのスライサーシール芯を使っています。マチの芯に厚みがあると口金部分が突っ張って ゴワゴワになり、マチつけのミシン縫いもやりづらいので、マチには薄いシール芯を貼っています。

2014-1104-16.jpg

マチのつけ方は、上のバッグと同じです。

ここまでの作り方は、コチラ
↓

ラミネート布の底、つけ方


ラミネート布のマチポケット



2014-1104-17.jpg

カーブのぬいしろ部分に2本、最初と最後の糸を長めに残し、粗い目のミシンで縫っておきます。ミシン目が細かいと縮めにくいです。

裏側の糸を引っ張って 糸を縮めて丸みをつけます。

2014-1104-18.jpg

裏側の糸を引っ張って縮め、カーブに軽く丸みをつけます。
マチの中央部分は平らになるように…

2014-1104-19.jpg

上端は裁断の加減などでズレやすいので、途中の合印の位置を合わせます。

2014-1104-20.jpg

ぬいしろは1cmで縫います。

2014-1104-21.jpg

カーブの部分はマチを起こすような感じで、合印を合わせながら縫います。
途中で縮めた糸を調整しながら合わせます。

2014-1104-22.jpg

合印位置が合わず無理に縫うと歪みが出るので、早めにほどいて縫い直します。

2014-1104-23.jpg

全部の糸をほどかずに途中までほどき、重ねて縫えば大丈夫です。
途中から縫う時は返し縫いはナシです。

2014-1104-24.jpg

片側のマチが縫えたら、一度表に返して状態を確認します。

極端に歪んで見える部分や、ポケットが折れ曲がって縫いこまれていたり…?
気になる箇所がある時は部分的にほどいて縫い直します。

2014-1104-25.jpg

再び裏返して反対側のマチをつけ、表に返して状態を確認します。
問題なければ裏側に戻し、同じ縫い目の上に重ねて「二度縫い」します。

途中で修正する場合は返し縫いをすると不自然にガタついてしまうので、返し縫いはせず最終的に「二度縫い」で続けて縫います。

2014-1104-26.jpg

ラミネートや合皮、革などマチ針が打てない素材はクリップが便利です。


ソーイングクリップ

ダブルクリップ


2014-1104-26-2.jpg

両方のマチがつくと張りや厚みのある芯を貼っている場合、返しづらくなります。
芯が折れると シワになってしまい、取れにくい場合もあるので慎重に…

2014-1104-27.jpg

上端の縫いしろ部分(型紙に記載)に切り込みを入れます。
この切り込みがないと? 反っているので口金がつけづらくなります。

2014-1104-28.jpg

切り込みを入れてから上側5cm程度の縫いしろを割ります。
ここの切り込みがないと、つれた(引きつった)ようになるので必須です。

2014-1104-29.jpg

2014-1104-30.jpg

カーブの部分の縫いしろを、5mm程度にカットします。

2014-1104-31.jpg

上側の切り込み位置や、カーブのカット位置はマチの型紙に書いてあるので、目安として…。丸みの縫いしろにも、浅く切り込みを入れます。

2014-1104-32.jpg

表に返します。底板芯が入っていないので、ひっくり返すのは まだラクです。

2014-1104-32-2.jpg

マチ中央の切り込みを入れた部分は破れやすいです。
無理に引き出すと裂けてしまうので、ゆっくりと…

2014-1104-33.jpg

マチの部分は内側から縫い目を押し出すようにシワを伸ばして整えます。
③【小-3】のバッグ、マチつけ終了です。




【大-1】玉縁芯・底板芯入りのマチ


2014-1104-34.jpg

硬いベルポーレンの底板芯と、マチの縫い目に玉縁芯が入っているマチです。

2014-1104-35.jpg

先に玉縁芯を縫いつけておくだけで、マチのつけ方は全く同じです。

ここまでの作り方は、コチラ
↓

玉縁芯・パイピングコードのつけ方


マチの作り方



2014-1104-36.jpg

段差があるので片押さえ、工業用ミシンは専用押さえを使います。



マチのカーブ部分に玉縁芯がある場合、マチにシールタイプの硬い芯を貼っていると縫いづらいです。片押さえでは縫い位置に近寄れず(左に寄らない)、玉縁芯が太くなるほど寄れなくなるので…

2014-1104-37.jpg

接着キルト芯位ならさほど、影響なく縫える感じですが…

2014-1104-38.jpg

カーブの縫いしろを5mm程度にカットする時、レースは切り落とさないように残しておきます。端が短いとほつれるので、切り落とした場合はマチに縫い止めて下さい。

2014-1104-39.jpg

表に返す時、底板が入っている場合は底板の端を ぐいっと押し込み、内側から角を引き上げるように返します。
底に革や合皮を使っている場合、爪で傷がつかないように注意が必要です。

2014-1104-34.jpg

玉縁芯が入っていると縫う時は大変ですが…?
マチの形や縫い目が自然に保たれるので、表に返した後はラクです。

①【大-1】のバッグ、マチつけ終了です。

オレンジ20

2014-1104-40.jpg

④【小-4】の硬い底板芯入りは、マチのつけは同じですが片押さえは不要です。
表に返し、マチの部分は内側から縫い目を押し出すようにシワを伸ばして整えます。

マチのつけ方は これで終了です heart

この続きは口金をつける前の作業です。
口金のタイプに関係なく、表袋と中袋を仮止めする方法です。
↓
口金部分の仕立て方
↓


がまぐちバッグ 24cm口金
大小4型の作り方 もくじ
↓

型紙は オンラインショップ
ヤフーオークション で販売中です

やじるし




紹介しているアイテムは楽天市場の各ショップにて販売されている商品です。販売終了の商品もあるかと思いますので、ご了承くださいませ。





関連記事


もくじ

単位変換サイト♪

型紙 販売中~♪


型紙は オンラインショップ &
ヤフーオークションで販売中です


z-yahoo-banar.jpg

海外への発送は行っておりません。
海外発送は転送コムをご利用下さい。

shop and ship from japan
shop and ship from japan
Please use this
for overseas sending.

過去の記事 ♪

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

プロフィール & お問い合わせ

ちくちくふれんど

--- 自 己 紹 介 ---


このサイトは リンクフリーです

メッセージ どうぞ
商品以外のご質問には
ご返答できかねます
よくある ご質問 ・ お問い合わせ
作り方ページの印刷方法

作品の作り方♪


がまぐちバッグ 4型

マザーズ・トートバッグ 4型
マザーズ・トートバッグ 4型 ** 作り方 もくじ へ **

ころりんトート 丸底バッグ 8型
kororin-180-120.jpg
ころりんトート 単独 もくじ

スクエアポーチ 5型
スクエアポーチ ** もくじ **

ぺたんこバッグ
ぺたんこバッグ

ストリングキルト バッグ

パッチワークの テディベア
パッチワークのテディベア ** もくじ **

フェルト ミニドール
フェルト ミニドール

アップリケ講座
アップリケ講座 ** もくじ **

実物大 無料型紙は コチラから
ちくちくふれんど ** 無料型紙 **

カテゴリー

 作り方記事 やじるし もくじ

2012-0713-09.jpg


 全ての記事を 表示 ♪


くまちゃん劇場 ** もくじ **

作り方 ・ ぬい方の記事

● 作り方の基本 まとめ記事へ ●

● ぬい方 まとめの記事へ ●

おすすめ バッグ材料

おすすめのミシン

おすすめ 生地屋さん

タグ スタンプ♪♪

Thank you♪♪





Copyright © ちくちくふれんど