底板芯のつけ方・ころりんトート丸底バッグ


丸底バッグの底板芯、ベルポーレンの取り付け方です。




◆ ページ内 もくじ ◆◆◆
丸底4型の底と縫い方について
底板芯について
本革(合皮)+底鋲留めの底
布+キルト芯+カシメ留めの底
取り外し式の底板



kororin-555-100.jpg

このページは スマホ版の表示で ご覧いただけます。
リーダー表示は不具合が発生するのでご注意下さい。





丸底4型の底と縫い方について


2013-1103-02.jpg

ころりんトートバッグ8型のうち、4型の丸底型には硬い「底板芯」が入っています。
3型は金具(底鋲やカシメ)で取り付けていますが、1型は取り外し式の底板です。


↑O①【A1】丸底・パイピング仕立て
①のバッグは『取り外し式の底板』です。


↑O③【B1】丸底・パイピング仕立て


↑O⑤【C1】丸底・へり返し仕立て
③と⑤は『本革(合皮)+底鋲留めの底』で、底に革を使っています。


↑O⑦【D1】丸底・パイピング仕立て
⑦は『布+キルト芯+カシメ留めの底』です。

グリーン20


底板 ベルポーレン 1ミリ
1枚 100cm×100cm

税込価格:648円(税込、送料別)

底板芯は1mmの厚みのベルポーレンを使っています。

底板芯も他の芯と同様に、必ず入れる必要がある訳ではありませんが、
硬い底芯が入っていると?重いモノを入れても型崩れは しにくいです。

2013-1103-03.jpg

硬い芯を使ったり、金具をつけたりするので難しそうに思えたり…
家庭用ミシンでは到底無理…と思われるかもしれませんが?

この丸底の形は、硬い底芯を直接ミシンでは縫わないです。



「片押さえ」があれば、カンタンに縫えます。


JUKI職業用 左端縫い押え

税込価格:2,808円(税込、送料別)



グリーン20



底を縫う時に芯が突っ張るので、多少は大変かもしれませんが…
私的には丸底は、底板をつけない方が色々な箇所で仕立てづらいと思います。



底板の芯が入っていると?芯が突っ張り、縫い目部分がキチンと伸びます。
縫いしろも勝手に倒れるので、ラクです。



底板芯をつけていないと、硬い芯が無いので底を縫う時は縫いやすいですが?
表に返した時、底の縫い目部分がヘロヘロです。

この素材は11号帆布なので爪で縫いしろを倒したり、アイロン可能ですが…
アイロンもかけづらい位置ですし、素材によってはアイロンはダメです。



革や合皮の場合は底板を入れないと?かなり縫い目部分は膨らんだ状態になります。
底側にステッチをかけるか、縫い目に「玉縁芯」を入れると落ち着きます。

玉縁芯のつけ方
↓
玉縁芯(パイピングコード)のつけ方
↓




底にステッチをかける場合、袋の両側を上端まで縫った状態では縫いづらいので、サイドは下側の切替位置位で縫い止めておき、底をつけた後で上側部分を縫います。
柔らかい素材なら?多少縫いづらいですが、筒型の状態で底のステッチも縫えます。




底板芯について


底板芯は「ベルポーレン」の1mmの厚みを使用しています。
ベルポーレンは手芸店でも取り扱っているお店があるので、手に入りやすい芯です。



100%の実物大型紙サイズの芯は、20cm×30cm内で裁断できます。

厚みも数種類ありますが、今回のバッグでは直接芯は縫わないので、お好みで選んで下さい。
厚みが増えるほどにしっかりしますが、底を縫う時やひっくり返す時の突っ張り等も増します。


底板 ベルポーレン
100cm×100cm 厚さ 1.0mm

底板 ベルポーレン
100cm×100cm 厚さ 1.5mm

バック用底板1mm厚 50×50cm

芯はハサミか、カッターナイフで切って使います。
ハサミで切ると硬いのと、ギザギザになりやすいので カッターナイフがお勧めですが、この芯をカットする時は押さえる定規も滑って歪みやすいので注意します。



一度でカットしないで、浅く何度か同じところを切るようにすると定規がズレにくいです。

印つけは目打ちか鉛筆を使います。黒だと見えませんが線が残るので、それを目印にカットします。カーブの部分は直線に切っておき、あとからハサミでカットします。




本革(合皮)+底鋲留めの底




底に革を使っていますが、合皮でも布でも同様に作ることができます。
100%サイズの型紙だと底部分だけなら、A4サイズの大きさで裁断できます。



2013-1103-04.jpg

硬い底芯は直接ミシンでは縫いませんが、底布はバッグの表側と合わせて縫います。
ご使用のミシンで縫える厚みの材料を選んで作って下さい。

2013-1103-06.jpg

厚みのある革を使う場合、そのまま縫うのは大変ですし、仕上がりもキレイにはできません。
縫いしろ部分の革を削って薄くする「革漉き(かわすき)」の作業が必要です。

専用の機械→橙 革漉き機 動画

革漉きは手でもできますが、均等な厚みで薄く削るのは?至難の技かと…
手で革を漉く場合は小さいカンナや、革包丁等を使います。


ペディー(革スキ)

税込価格:1,566円(税込、送料別)


黒豆カンナ 反 黒 18mm刃

税込価格:2,808円(税込、送料別)


本格的に革ばかり縫わないので、革漉き機は持っていないし…
手で漉くのは敷居が高い作業なので…? やっぱり、パス。

そんな訳で、革漉きをしなくても縫えそうな「厚み1mm程度」の薄い革や合皮を使用しています。「家庭用ミシンでも縫えます」的な革もありますが…


本革 皮 レザー 厚さ1mm
端切れ A3 大判 1枚

税込価格:2,960円(税込、送料別)



2013-1103-07.jpg

薄い革はハサミでも裁断できますが、普通のはさみだと革が逃げて切りづらいかも…
底を縫うと裁ち目は見えないので、ガタついていても大丈夫です。


革切り はさみ 180mm

税込価格:2,052円(税込、送料別)


「厚み1mm程度」の薄い革は伸びやすいです。
革の補強と厚み増加の為に0.4mmの「スライサー・シールタイプ接着芯」を貼ります。

芯の部分もミシンでは縫わないので、底をしっかりさせたい時は厚みがある芯を貼ってください。




2013-1103-08.jpg

貼る位置がズレないように文鎮で革を固定し、芯のはくり紙を半分めくり、半分ずつ貼ります。

2013-1103-09.jpg

ローラーで、しっかりと圧着させます。



2013-1103-10.jpg

外回りが薄いので(なんちゃって)革漉き状態です。
実際には革漉きはしていないのですが、そんな感じになるかと…?


グリーン20

底鋲(そこびょう)のつけ方です。
⑤【C1】の底の材料です。「シワ加工」されている革なので、かなり伸びます。

2013-1103-14.jpg

14mmの底鋲4組、0.4mmのスライサー芯に、1mmのベルポーレン底板芯。
先ほどと同じ芯です。革の裏側にスライサー芯を貼ります。


半丸底鋲 14mm (10個)

税込価格:756円(税込、送料別)


2013-1103-15.jpg

底鋲をつける為の穴をハトメ抜きで開けます。
革と底板芯を全部重ねて、一気に穴を開けるのは?ズレて失敗する率が高いです。

先にベルポーレンに穴を開け、その位置に印をつけて別に開けます。
微妙な位置のズレがあるかもなので、底板芯をつける方向を間違えないように…

2013-1103-16.jpg

金具の足の長さや素材の厚みによっては、別布を入れて高さを調整します。
高さが足りないと金具が回転しますが、別布を入れすぎても?やっぱり、くるくる回ります。

底鋲の打ち方は コチラ
↓
底鋲のつけ方・打ち込みタイプ
↓


2018-01-10.jpg

しっかり打てていれば、金具は固定されて回転しません。
「割りピンタイプの底鋲」は金具の足の高さの調整に、振り回されなくていいかも…?


差込式カバンの底鋲
4個セット ゴールド

税込価格:140円(税込、送料別)

割りピン底鋲のつけ方
↓
割りピンの底鋲 つけ方
↓


2013-1103-19.jpg

完成したら、こんな感じです。

2013-1103-18.jpg

底板芯が入っていると?芯が突っ張り、縫い目部分がキチンと伸びます。
縫いしろも勝手に倒れるので、ラクです。

2013-1103-12.jpg

底はあまり見えないので、本革じゃなくても良いかもしれませんが…?
革を使うと合皮のように劣化して、表面が剥がれたり割れてしまう事はないかと…

底鋲をつけると、じかに接地しませんし…
汚れやすい布のバッグでも底は合皮や革、ラミネート加工の布だと汚れにくいかも?

2013-1103-11.jpg

底を縫い合わせる時には、縫いしろ部分を縮めてつけると楽につけられます。

丸底の縫い方はコチラです。
↓
ころりんトート8型
丸底の縫い方
↓





布+キルト芯+カシメ留めの底




布にキルト芯を貼って、底板芯をカシメで留めた底です。

2013-1103-25.jpg

大カシメ4組、片面接着キルト芯に、1mmのベルポーレン底板芯。
表布は11号帆布です。


底板 ベルポーレン 1ミリ
1枚 100cm×100cm

税込価格:648円(税込、送料別)



11号帆布(ハンプ)
無地ヴィンテージ加工
税込価格:50cm単位 637円
(税込、送料別)


2013-1103-26.jpg

表布に芯を貼ります。キルト芯を適当に切った訳ではなく、アイロン接着で縮んだので…
接着キルト芯を使用していますが、のりなしのキルト芯でも使用できます。


アイロン片面接着キルト芯の貼り方
↓


2013-1103-27.jpg

それぞれ穴を開けて、カシメで留めます。


カシメの打ち方
↓
金具のつけ方
↓


2013-1103-28.jpg

キルト芯をはさむと、ふんわりした感じになります。

2013-1103-29.jpg

底は「片押さえ」を使って縫います。

丸底の縫い方はコチラ
↓
ころりんトート8型
丸底の縫い方
↓


2013-1103-30.jpg

底の縫い目は芯が突っ張り、勝手に折れてくれるので…?
爪で必死に折ったり、アイロンをかけなくても良いのでラクです。

2013-1103-31.jpg

布の底でも底板芯を入れると、しっかりと安定します。




取り外し式の底板


①【A1】丸底・パイピング仕立てのバッグです。



『取り外し式の底板』を入れています。



中袋の底にマジックテープで取り付けできます。
丸型底の他のデザインでも、中袋にマジックテープをつければ取り外しの底板はつけられます。

2013-1103-21.jpg

1mmのベルポーレン底板芯は、直接ミシンでは縫っていません。


底板 ベルポーレン 1ミリ
1枚 100cm×100cm

税込価格:648円(税込、送料別)


2013-1103-20.jpg

硬い芯の突っ張りがないので、底を縫い合わせる時はラクです。

丸底の縫い方はコチラ
↓
ころりんトート8型
丸底の縫い方
↓


2013-1027-05.jpg

取り外し式の底板は縫い付けの底板よりも大きなサイズです。
上の画像は底板を外している状態で、マチが薄めです。

取り外し式の底板 作り方
↓
ころりんトート8型
取り外し式の底板 作り方
↓



ころりんトート・丸底バッグ
8型の作り方 もくじ
↓

【 パーツの作り方 】
 ● パーツの作り方 ●●●
革タブ 作り方
布 + 合皮 タブの作り方
金具のつけ方
取り外し式 底板 作り方
底鋲のつけ方
底板のつけ方

【 表 縫い合わせ方 】
 ● 表側 縫い合わせ ●●●
バッグ8型の 芯の仕様について
A2 パッチワーク
A2 ポケットの作り方
ダブルパイピングの 縫い方tiku-mokuij-p-03.jpg
B1 パッチワーク
D2 パッチワーク
がくぶちパイピング フタの作り方
tiku-mokuij-p-03.jpg
ヒネリ金具 つけ方
tiku-mokuij-p-03.jpg
フタつきポケット & 持ち手の根元

B2 ・ C2 縫い方と芯
本革のパッチポケット 作り方
heart


8型の完成作品の詳細は コチラから
↓
【1】丸底のバッグ
kororin-130-a1.jpg
① 【A1】
パイピング
kororin-130-b1.jpg
③ 【B1】
パイピング
kororin-130-c1.jpg
⑤ 【C1】
へり返し
kororin-130-d1.jpg
⑦ 【D1】
パイピング

【2】タック底のバッグ
kororin-130-a2.jpg
② 【A2】
パイピング
kororin-130-b2.jpg
④ 【B2】
パイピング
kororin-130-c2.jpg
⑥ 【C2】
中縫い
kororin-130-d2.jpg
⑧ 【D2】
パイピング

型紙は オンラインショップ
ヤフーオークション で販売中です

やじるし









もくじ

丸底バッグ 底の縫い方・ころりんトート


丸底バッグ、底の縫い合わせ方です。

2013-1104-30.jpg


◆ ページ内 もくじ ◆◆◆
底板の有無の違いと、縫い方について
底板なしの丸底、縫い方
底板芯付きの丸底、縫い方



kororin-555-100.jpg

このページは スマホ版の表示で ご覧いただけます。
リーダー表示は不具合が発生するのでご注意下さい。


当サイトの作り方は ステッチ定規 を使用して製作しています。
縫い位置の印等は入れていないので、やりやすい方法で お作り下さい。




底板の有無の違いと縫い方について


『ころりんトート・丸底バッグ8型』は、8つのデザインの型紙があり
バッグ下側の切替部分は【1】丸底・【2】タック底があります。
バッグ下側の切替部分は丸底・タック底を、どちらの形にも変更することができます。

仕立て方も変更可能ですが、底板芯を付ける場合「中縫い」の方法は注意が必要です。
8型のデザインと底の形、仕立て方と芯についての説明はこちらをご覧ください。
↓
ころりんトート8型に使用した
生地と芯についての説明
↓

8型のバッグのうち、4型の丸底型には硬い「底板芯」が入っています。
3型は金具(底鋲やカシメ)で底に取り付けていますが、1型は取り外し式の底板です。


↑O①【A1】丸底・パイピング仕立て
底板なしの丸底です。マジックテープで脱着できる『取り外し式の底板』を入れています。
丸型底の他のデザインでも、中袋にマジックテープをつければ取り外しの底板はつけられます。


↑O③【B1】丸底・パイピング仕立て
底板芯付きの丸底です。『本革(合皮)+底鋲留めの底』で、底に革を使っています。



この丸底は硬い底芯を直接ミシンでは縫わないので「片押さえ」があれば簡単に縫えます。



底を縫う時に芯が突っ張るので、多少は大変かもしれませんが底板の芯が入っていると?
芯が突っ張り、縫い目部分がキチンと伸び、縫いしろも勝手に倒れるのでラクです。



硬い底板芯がないと底を縫う時は縫いやすいですが、底の縫い目を整えるのが大変です。
布の場合は爪で縫いしろを倒したり、アイロン可能ですが、革や合皮はアイロンNGです。



革や合皮の場合は底板を入れないと、かなり縫い目部分が膨らんだ状態になります。
底側にステッチをかけるか、縫い目に「玉縁芯」を入れると落ち着きます。

玉縁芯のつけ方
↓
玉縁芯(パイピングコード)のつけ方
↓




底にステッチをかける場合、袋の両側を上端まで縫った状態では縫いづらいので、サイドは下側の切替位置位で縫い止めておき、底をつけた後で上側部分を縫います。

丸底4型の完成作品の詳細は コチラから
↓
【1】丸底のバッグ
kororin-130-a1.jpg
① 【A1】
パイピング
kororin-130-b1.jpg
③ 【B1】
パイピング
kororin-130-c1.jpg
⑤ 【C1】
へり返し
kororin-130-d1.jpg
⑦ 【D1】
パイピング

底板の取り付け方は コチラ
↓
ころりんトート8型
底板の取り付け方
↓





底板なしの丸底、縫い方


底板がないタイプの底の縫い方です。



底板芯の有無で多少の縫い方は変わりますが、ほぼ同じです。

2013-1104-01.jpg

底をつける前に両サイドを縫います。
上下の切替の色が極端に違う場合は、別々の色で縫わないと糸が目立ちます。

ここまでの作り方は コチラ
↓
ころりんトート8型
①【A1】 フタつきポケット
&持ち手の根元のつけ方
↓


2013-1104-02.jpg

色を変えて縫う時は、布端から縫うと切替位置がズレやすいです。
切替の位置から返し縫いをして、スタートします。

2013-1104-03.jpg

2013-1104-04.jpg

糸の色を変えて反対方向へ…。ここも返し縫いで、縫い始めます。

2013-1104-05.jpg

返し縫いの縫い目が、色の違う部分へ飛び出しすぎてしまうと?
割った時に目立ちます。片倒しの場合は、さほど目立たないと思いますが…

2013-1104-06.jpg

2013-1104-07.jpg

縫い目をアイロンで割ります。


仕上馬(中)

税込価格:11,188円


2013-1104-08.jpg

タックの布端を揃えて、ミシンで仮止めします。
中袋の底のタックと同じ方向です。中心側が高くなるように倒します。

ころりんトート8型
丸底の中袋 作り方
↓

グリーン20

使用している布は11号帆布です。
張りと厚みもあるので、接着芯は貼っていません。



11号帆布(ハンプ)
無地ヴィンテージ加工
税込価格:50cm単位 637円
(税込、送料別)


2013-1104-09.jpg

中袋の底と同様に「カーブの部分をいせこみ」するために、ミシンで縫い縮めます。
薄い布は端から5mm程度を1本縫いですが、厚い素材は縫いしろ部分に2本縫います。

2013-1104-10.jpg

厚みがある素材は針目は最大位で、上糸をゆるめて縫わないと楽に縮められないです。

2013-1104-11.jpg

裏側の糸を引いてカーブを丸く縮め、中表に合わせてマチ針でとめます。
この時に タックを伸ばさないように注意して下さい。

底の円の広がりに合わせてタックを伸ばしてつけると?
素材によっては突っぱったような感じになります。

2013-1104-12.jpg

底板をつけない場合の縫い方は、中袋の底縫いと ほぼ同じです。
底を縫いますが7~8mmの位置です。1周目は仮縫いなので、ガタガタでもOKです。

2013-1104-13.jpg

タックの布端が極端に引っ込んだり、飛び出すと?完成時に引きつったようになります。
裁断時の微妙な影響も出ますが気をつけて縫って下さい。

2013-1104-14.jpg

タックがヘンに折れていないか?余計な部分を縫い込んでいないか?(結構なります)
表に返して状態を確認し、2周目は1cmの位置をキレイに縫います。

2013-1104-15.jpg

印つけナシでも「ステッチ定規」を使って縫うと、一定幅で縫うことができます。


家庭用のネジ式タイプのステッチガイドです。
やじるし

家庭用のステッチガイドですが、ステッチ定規やミシンの付属品等の購入時は、ご使用のミシンに合うタイプかどうか? 販売先サイトの説明等で必ず確認してください。



マグネットタイプは直線を縫う時は使いやすいですが、カーブ部分は取り付けタイプが縫いやすいです。両方のステッチ定規を使い分けて縫っています。
ミシンのタイプによって合う合わないがありますので、ご注意ください…


マグネット式ステッチ定規

税込価格:1,007 円


2013-1104-16.jpg

底を縫い終えたら表に返して縫い目の部分を整えます。
底板芯をつけていないと表に返した時、底の縫い目部分がヘロヘロです。

2013-1104-17.jpg

この素材は11号帆布なので爪で縫いしろを倒したり、アイロンも可能ですが…
素材によってはアイロンはダメです。

アイロンはかけづらい位置ですが、こういうアイロン台もあります。
やじるし

丸型 アイロン万十
寸法 160*160ミリ

税込価格:1,285円(税込、送料別)




この続きは中袋と合わせて、バッグ口をパイピングし、持ち手をつけたら完成です。
↓
ころりんトート8型
①【A1】②【A2】④【B2】
パイピングの仕立て方
↓





底板芯付きの丸底、縫い方


底板の芯があるタイプの丸底の縫い方です。



底板芯の有無で多少の縫い方は変わりますが、ほぼ同じです。
布の底ですが、革も同じ縫い方です。

2013-1104-18.jpg

帆布にキルト芯を貼って、カシメで底板をつけた状態です。
中袋の底と同様に「カーブの部分をいせこみ」するために、ミシンで縫い糸を縮めます。

薄い布は端から5mm程度を1本縫いですが、厚い素材は縫いしろ部分に2本縫います。
厚みがある素材は針目は最大位で、上糸をゆるめて縫わないと楽に縮められないです。

底板の取り付け方は コチラ
↓
ころりんトート8型
底板の取り付け方
↓


2013-1104-19.jpg

袋側はタックの布端を揃えて、中心側が高くなるように倒しミシンで仮止めします。
糸を縮めてカーブの丸みをつけた底を合わせ、中央位置とサイド部分をマチ針で とめます。

2013-1104-20.jpg

1周目は布端を揃えるための仮止めなので、普通の押さえを使っています。
片押さえは、ねじれたり?ズレやすいです。

2013-1104-21.jpg

カーブの部分を縫う時は縫いづらいですが、仮止めなのでガタガタでも大丈夫です。
1周縫えたら表に返して、タックや底の状態を確認します。

2013-1104-22.jpg

2周目は「片押さえ」を使って縫います。


JUKI職業用 左端縫い押え

税込価格:2,808円(税込、送料別)



2013-1104-23.jpg



片押さえで1cmの位置を縫います。

2013-1104-24.jpg

タックの布端はきちんと揃うように縫います。
タックを縫い込みすぎると、突っ張ったような感じになります。

2013-1104-25.jpg

底を丈夫にするために同じ位置をもう1周、重ねて縫います。

2013-1104-26.jpg

縫い終わったら表に返します。底板の端をつかんで引っ張り出す要領で、ひっくり返します。
芯が突っ張るので、縫いしろは勝手に倒れます。

この続きは中袋と合わせて、バッグ口と持ち手をパイピングします。
↓
ころりんトート8型
⑦【D1】 ⑧【D2】
パイピングの持ち手 仕立て方
↓


輸入生地 花柄

税込価格:388円(税込、送料別)


11号帆布(ハンプ)
無地ヴィンテージ加工

税込価格:50cm単位 637円
(税込、送料別)

グリーン20

革の底も、縫い方は全く同じです。

2013-1104-27.jpg

カーブを縮める2本の糸は、厚みがあると縮めにくいです。
糸調子を ゆるく合わせて大きい針目で縫います。

2013-1104-28.jpg

縫い方は同じです。1周目は普通の押さえで縫い、表に返してタックの状態を確認後、片押さえを使って二度、同じ位置を重ねて縫います。
革やラミネートなど針穴が残ったり、マチ針が打てない硬い素材はクリップで留めて合わせます。



2013-1104-29.jpg

厚みを縫うのが厳しい場合は、キルト芯を控えて貼ります。

タックの部分は布や芯が重なると、かなりの厚みがあります。
ご使用のミシンのタイプや使用する素材に合わせて、芯の貼り方はアレンジしてください。

2013-1104-30.jpg

革は表に返す時に傷がつきやすいです。爪が当たらないように注意して返します。
底板の端をつかんで引っ張り出す要領で、ひっくり返します。

この続きは中袋と合わせて、バッグ口をパイピングし、持ち手をつけたら完成です。
↓
ころりんトート8型
①【A1】②【A2】④【B2】
パイピングの仕立て方
↓

ころりんトート8型
③【B1】 革の持ち手
作り方とつけ方
↓



ころりんトート・丸底バッグ
8型の作り方 もくじ
↓

【 パーツの作り方 】
 ● パーツの作り方 ●●●
革タブ 作り方
布 + 合皮 タブの作り方
金具のつけ方
取り外し式 底板 作り方
底鋲のつけ方
底板のつけ方

【 表 縫い合わせ方 】
 ● 表側 縫い合わせ ●●●
バッグ8型の 芯の仕様について
A2 パッチワーク
A2 ポケットの作り方
ダブルパイピングの 縫い方tiku-mokuij-p-03.jpg
B1 パッチワーク
D2 パッチワーク
がくぶちパイピング フタの作り方
tiku-mokuij-p-03.jpg
ヒネリ金具 つけ方
tiku-mokuij-p-03.jpg
フタつきポケット & 持ち手の根元

B2 ・ C2 縫い方と芯
本革のパッチポケット 作り方
heart


8型の完成作品の詳細は コチラから
↓
【1】丸底のバッグ
kororin-130-a1.jpg
① 【A1】
パイピング
kororin-130-b1.jpg
③ 【B1】
パイピング
kororin-130-c1.jpg
⑤ 【C1】
へり返し
kororin-130-d1.jpg
⑦ 【D1】
パイピング

【2】タック底のバッグ
kororin-130-a2.jpg
② 【A2】
パイピング
kororin-130-b2.jpg
④ 【B2】
パイピング
kororin-130-c2.jpg
⑥ 【C2】
中縫い
kororin-130-d2.jpg
⑧ 【D2】
パイピング

型紙は オンラインショップ
ヤフーオークション で販売中です

やじるし









もくじ

取り外し式の底板 作り方・ころりん丸底トート


「取り外しができる」タイプの、バッグの底板の作り方です。

2013-1118-20.jpg


◆ ページ内 もくじ ◆◆◆
取り外し式の底板について
底板芯について
底板芯カバーの作り方



kororin-555-100.jpg

このページは スマホ版の表示で ご覧いただけます。
リーダー表示は不具合が発生するのでご注意下さい。


当サイトの作り方は ステッチ定規 を使用して製作しています。
縫い位置の印等は入れていないので、やりやすい方法で お作り下さい。




取り外し式の底板について


8型のバッグのうち、4型の丸底型には硬い「底板芯」が入っています。
3型は金具(底鋲やカシメ)で底に取り付けていますが、1型は取り外し式の底板です。

丸底4型の完成作品の詳細は コチラから
↓
【1】丸底のバッグ
kororin-130-a1.jpg
① 【A1】
パイピング
kororin-130-b1.jpg
③ 【B1】
パイピング
kororin-130-c1.jpg
⑤ 【C1】
へり返し
kororin-130-d1.jpg
⑦ 【D1】
パイピング



↑O①【A1】丸底・パイピング仕立て
底板なしの丸底です。マジックテープで脱着できる『取り外し式の底板』を入れています。


↑O③【B1】丸底・パイピング仕立て
底板芯付きの丸底です。『本革(合皮)+底鋲留めの底』で、底に革を使っています。



この丸底は硬い底芯を直接ミシンでは縫わないので「片押さえ」があれば簡単に縫えます。

2013-1103-20.jpg

底板芯を付けない底は、硬い芯の突っ張りがないので、縫い合わせる時はラクです。



丸底の縫い方はコチラ
↓
ころりんトート8型
丸底の縫い方
↓




硬い底板芯がないと底を縫う時は縫いやすいですが、底の縫い目を整えるのが大変です。
布の場合は爪で縫いしろを倒したり、アイロン可能ですが、革や合皮はアイロンNGです。

2013-1027-05.jpg

取り外し式の底板は縫い付けの底板よりも大きなサイズです。
上の画像は底板を外している状態で、マチが薄めです。
底の幅のボリュームを抑えたい場合は、取り外しの底板芯の幅を小さめに作って下さい。



丸型底の他のデザインでも、中袋にマジックテープをつければ取り外しの底板はつけられます。



丸底の中袋 作り方はコチラ
↓
ころりんトート8型
丸底の中袋 作り方
↓





底板芯について


底板芯は「ベルポーレン」の1mmの厚みを使用しています。
ベルポーレンは手芸店でも取り扱っているお店があるので、手に入りやすい芯です。

2013-1118-01.jpg

100%の実物大型紙サイズの芯は、20cm×30cm内で裁断できます。

厚みも数種類ありますが、今回のバッグでは直接芯は縫わないので、お好みで選んで下さい。
厚みが増えるほどにしっかりしますが、はさみでカットするのは?ちょっと大変です。


底板 ベルポーレン
100cm×100cm 厚さ 1.0mm

底板 ベルポーレン
100cm×100cm 厚さ 1.5mm

バック用底板1mm厚 50×50cm

芯はハサミか、カッターナイフで切って使います。
ハサミで切ると硬いのと、ギザギザになりやすいので カッターナイフがお勧めですが、この芯をカットする時は押さえる定規も滑って歪みやすいので注意します。



一度でカットしないで、浅く何度か同じところを切るようにすると定規がズレにくいです。

印つけは目打ちか鉛筆を使います。黒だと見えませんが線が残るので、それを目印にカットします。カーブの部分は直線に切っておき、あとからハサミでカットします。




底板芯カバーの作り方




取り外し式の底板は、タックの部分まで芯がかかる大きさになので、縫いつけの底板よりも大きいサイズです。底のボリュームを抑えたい場合は、底板芯の幅を小さめに作って下さい。

2013-1118-02.jpg

カバーの布は縫いしろと、芯の厚み分も加わるので更に大きいです。
左側は中袋の底です。

2013-1118-03.jpg

中袋の底と、底板カバーの片側にマジックテープを縫いつけます。
どちらも布の表側につけます。


マジックテープ40cm

面ファスナー 20cm


2013-1118-04.jpg

中袋がメス側(ふわふわ側) 底板のカバーがオス側(硬い方)です。
芯を取り外した時、ものが当たっても引っからないようにする為です。

2013-1118-05.jpg

裏側。同じ位置を2周縫います。
厚みがある部分を縫う時は、上下とも糸をきつめに締めないと、糸調子が合いづらいです。
特に硬いオス側。

中袋はマジックテープのメス側をつけた状態で、底をつけます。
↓
ころりんトート8型
丸底の中袋 作り方
↓


2013-1118-06.jpg

2013-1118-07.jpg

カバー布は中表に合わせ、返し口を残して縫います。

2013-1118-08.jpg

返し口の縫いしろは先に折っておきます。
カーブがキツイので、縫いしろ部分にミシンをかけて、糸を引いて縮めるとキレイに縫えます。

2013-1118-09.jpg

縫い目のキワを、片側に折ります。

2013-1118-11.jpg

縫っているカーブ側の縫いしろを、5mm程度にカットします。

2013-1118-10.jpg

2013-1118-12.jpg

返し口から表に返し、アイロンで整えます。

2013-1118-13.jpg

返し口の手前から、ステッチをかけます。返し縫いはナシです。

2013-1118-14.jpg

底板芯を軽く曲げて、中に入れます。

2013-1118-15.jpg

芯が入った状態では縫いづらいので、先にステッチをかけています。

2013-1118-16.jpg

2013-1118-17.jpg

返し口を両面テープで仮止めします。

2013-1118-18.jpg

先に縫った部分の上から、返し縫いで重ねて縫います。片押さえじゃないと縫いづらいかも…

2013-1118-19.jpg

カーブのガタつきは返し口の縫いしろにミシンをかけて、糸を引いて縮めてから閉じると?
もう少しカーブの部分がキレイに縫えるかと…。バッグの中に入れると、ほぼ見えませんが…

2013-1118-20.jpg

中袋のマジックテープと合わせて、固定できます。

2013-1118-21.jpg

上から中を見ると…?

2013-1118-22.jpg

芯を入れた状態で底から見ると、こんな感じです。
取り外し式の底板芯は、バッグの完成後に入れてくださいね…


① 【A1】 丸底 パイピング仕立てのバッグ
完成作品の詳細は コチラから ●ハート●
↓



ころりんトート・丸底バッグ
8型の作り方 もくじ
↓

【 パーツの作り方 】
 ● パーツの作り方 ●●●
革タブ 作り方
布 + 合皮 タブの作り方
金具のつけ方
取り外し式 底板 作り方
底鋲のつけ方
底板のつけ方

【 表 縫い合わせ方 】
 ● 表側 縫い合わせ ●●●
バッグ8型の 芯の仕様について
A2 パッチワーク
A2 ポケットの作り方
ダブルパイピングの 縫い方tiku-mokuij-p-03.jpg
B1 パッチワーク
D2 パッチワーク
がくぶちパイピング フタの作り方
tiku-mokuij-p-03.jpg
ヒネリ金具 つけ方
tiku-mokuij-p-03.jpg
フタつきポケット & 持ち手の根元

B2 ・ C2 縫い方と芯
本革のパッチポケット 作り方
heart


8型の完成作品の詳細は コチラから
↓
【1】丸底のバッグ
kororin-130-a1.jpg
① 【A1】
パイピング
kororin-130-b1.jpg
③ 【B1】
パイピング
kororin-130-c1.jpg
⑤ 【C1】
へり返し
kororin-130-d1.jpg
⑦ 【D1】
パイピング

【2】タック底のバッグ
kororin-130-a2.jpg
② 【A2】
パイピング
kororin-130-b2.jpg
④ 【B2】
パイピング
kororin-130-c2.jpg
⑥ 【C2】
中縫い
kororin-130-d2.jpg
⑧ 【D2】
パイピング

型紙は オンラインショップ
ヤフーオークション で販売中です

やじるし









もくじ

単位変換サイト♪

型紙 販売中~♪


型紙は オンラインショップ &
ヤフーオークションで販売中です


z-yahoo-banar.jpg

海外への発送は行っておりません。
海外発送は転送コムをご利用下さい。

shop and ship from japan
shop and ship from japan
Please use this
for overseas sending.

過去の記事 ♪

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2013年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

プロフィール & お問い合わせ

ちくちくふれんど

--- 自 己 紹 介 ---


このサイトは リンクフリーです

メッセージ どうぞ
商品以外のご質問には
ご返答できかねます
よくある ご質問 ・ お問い合わせ
作り方ページの印刷方法

作品の作り方♪


がまぐちバッグ 4型

マザーズ・トートバッグ 4型
マザーズ・トートバッグ 4型 ** 作り方 もくじ へ **

ころりんトート 丸底バッグ 8型
kororin-180-120.jpg
ころりんトート 単独 もくじ

スクエアポーチ 5型
スクエアポーチ ** もくじ **

ぺたんこバッグ
ぺたんこバッグ

ストリングキルト バッグ

パッチワークの テディベア
パッチワークのテディベア ** もくじ **

フェルト ミニドール
フェルト ミニドール

アップリケ講座
アップリケ講座 ** もくじ **

実物大 無料型紙は コチラから
ちくちくふれんど ** 無料型紙 **

カテゴリー

 作り方記事 やじるし もくじ

2012-0713-09.jpg


 全ての記事を 表示 ♪


くまちゃん劇場 ** もくじ **

作り方 ・ ぬい方の記事

● 作り方の基本 まとめ記事へ ●

● ぬい方 まとめの記事へ ●

おすすめ バッグ材料

おすすめのミシン

おすすめ 生地屋さん

タグ スタンプ♪♪

Thank you♪♪





Copyright © ちくちくふれんど