がくぶちパイピングの縫い方・ポケットのフタ ①【A1】


ポケットのフタ作り、「がくぶちパイピング」の縫い方
①【A1】ヒネリ金具のフタ付きポケットの説明〔3-1〕です。

2013-1115-24.jpg

kororin-555-100.jpg

このページは スマホ版の表示で ご覧いただけます。
リーダー表示は不具合が発生するのでご注意下さい。


当サイトの作り方は ステッチ定規 を使用して製作しています。
縫い位置の印等は入れていないので、やりやすい方法で お作り下さい。


完成作品の詳細は コチラから
↓

2013-1115-01.jpg

①【A1】ヒネリ金具のフタ付きポケットは3回に分けて説明しています。

①【A1】ポケットの作り方

がくぶちパイピングの縫い方


ヒネリ金具のつけ方


フタつきポケットのつけ方



ヒネリ金具のフタ付きポケット、今回は 『フタ』 のパイピングの縫い方です。



このポケットのフタは布端が見える状態で縫いつけているので、外回り全体をパイピングしています。切り替えに挟み込む場合は、ふた上側のパイピングは不要です。

2013-1115-23.jpg

布端の厚みを減らしてスッキリ仕上げたいので、斜めに折り込む 『がくぶち』 のパイピング方法で縫っています。

2013-1115-24.jpg

2013-1115-24.jpg

『がくぶち』 のパイピングは、タペストリーの カドの始末等で使われている方法です。

2013-1115-02.jpg

バイアステープは市販品を使用しています。
ヒネリ金具は色々な大きさや形があるので、バッグの大きさやデザインイメージに合わせて選んでください。

おすすめ使用材料 ⇒ ひねり金具・ヒネリ止め具

ヒネリ金具 1組

価格 167円 (税込)


2013-1115-24.jpg

パイピングで作る場合は仕上がりが8mm幅で、周囲の縫いしろは不要です。

2013-1115-03.jpg

中縫いで作りたい場合は 周囲に1cmの縫いしろをつけて裁ちます。
表と裏側の布を中表に合わせ、上側に5cm程度の返し口を残して縫い、カーブの縫いしろを5mm程度にカットして、表に返して金具をつけます。

オレンジ20

2013-1115-04_20131120191229a33.jpg

パイピングに使用するバイアステープは、バッグのクチ部分と同じ20ミリ幅の両折りテープを使っています。


バイアステープ 両折り
和布(わふ) 20ミリ巾

バッグの口部分は厚みがあるのと、直線なので、20ミリ幅のテープが適しています。

カーブがきつい部分を幅広の布で巻くパイピングは、縫い方次第では布が反り返ったり、ねじれてしまうこともあります。細い幅の方が仕上げやすいですが、テープの見せ幅はバッグのサイズや デザインイメージでお好み次第です。

2013-1115-05.jpg

今回は8ミリ程度の見せ幅で作る為、この20ミリ幅テープの折り目を縫うと幅が広くなるので、幅の修正をします。片側を一旦アイロンで伸ばして、再び 折ります。

市販品ではなく、自分でテープを裁断する場合は35ミリ程度の幅で裁ちます。テープの生地の厚みや巻く部分の厚み、裁断する布目の角度や、縫う時の引っ張り加減によって幅が違ってくるので、仕上がり幅に合わせて調整して作って下さい。

2013-1115-06.jpg

完成幅が8mmのパイピングですが、厚みの分量も含めるので 17~18mm位の幅に折ります。

オレンジ20

2013-1115-07.jpg

フタに使用している布は表が11号の帆布、
裏側は先染め ピンストライプの シーチング布です。

金具の付け位置に、シールタイプの「スライサー芯」を貼っています。


生地の森 11号帆布
ヴィンテージ クラシックカラー無地

表布は11号帆布を使用で、厚みとハリがあるので 接着芯を全面には貼っていません。表布が薄い場合や、しっかりとしたフタにしたい場合は 表面、または表裏両面に接着芯を貼ります。

2013-1115-08.jpg

表と裏のフタを外表に合わせ、周囲を荒いミシン目で仮止めします。

2013-1115-09.jpg

上側を縫う時に裏布を少しずらしておくと、フタを折った時に裏側のたるみ分がスッキリと仕上がります。

2013-1115-10.jpg

表フタ上側の中央位置から中表に合わせ、テープの布端を折ってスタートします。
布端の8mm手前で縫い止めて返し縫い(右側パイピングの幅分を残す)

2013-1115-11.jpg

カドを45度に ナナメに折ります。

2013-1115-12.jpg

折り上げたテープを上側の布端に揃えて折り返します。

2013-1115-13.jpg

8mm縫い残した位置で返し縫いをして縫い始めます。

2013-1115-14.jpg

反対側のカドも 布端より8mm手前で縫い止めて、返し縫い。
山のカーブの部分は テープを引っ張らないように
押し込んで たるませるような感じで、いせこみ気味に縫います。

2013-1115-15.jpg

ここのカドも同様に45度に折ります。

2013-1115-16.jpg

布端で揃えて折り返し、8mm縫い残した位置から返し縫いします。

2013-1115-17.jpg

最初に折った部分に重ねてテープをカットし、縫います。

2013-1115-18.jpg

45度の折り目が開かないように、反対側へ倒します。

2013-1115-19.jpg

裏側の縫いしろ部分に熱接着テープを、ドライアイロンで貼ります。

片面に「はくり紙」がついている、仮止めに便利な両面接着できるテープです。シールタイプの両面テープを縫うと 針がネチャネチャになりますが、アイロンの熱で接着するテープはスムーズに縫えるので、アイロン可能な素材には おすすめです。


両面熱接着テープ 5mm幅×50m巻

熱接着テープ 5mm幅


2013-1115-20.jpg

ここも45度に折ります。

2013-1115-21.jpg
↑O 裏側
接着テープで仮止めして縫うと、両面にステッチをかけるのも楽になります。

2013-1115-22.jpg
↑O 表側
上の中央部分から縫い始めます。

2013-1115-24.jpg

1周して、上中央で返し縫いです。

2013-1115-23.jpg

カドの斜めに折った部分は、浮いた状態です。

2013-1117-17.jpg

フタを閉じると見えない部分なので、バイアスの最初と最後は折り重ねて処理したので段差ができます。

この部分も割って縫うと厚みが分散できるので、スッキリとした仕上がりになります。
この縫い方はバッグ口のパイピングで説明しています。
↓
カーブと直線のパイピング 仕立て方
↓


次回はヒネリ金具のつけ方です。

①【A1】ヒネリ金具のフタ付きポケットは3回に分けて説明しています。

①【A1】ポケットの作り方

がくぶちパイピングの縫い方


ヒネリ金具のつけ方


フタつきポケットのつけ方



kororin-460-139-01.jpg

型紙はコチラから heart
ちくちくふれんど ** オンライン ショップへ **







もくじ

ヒネリ金具のつけ方・ポケットのフタ ①【A1】


ポケットのフタ作り、「ヒネリ金具」のつけ方
①【A1】ヒネリ金具のフタ付きポケットの説明〔3-2〕です。

2013-1116-24.jpg


◆ ページ内 もくじ ◆◆◆
金具と補強芯の貼り方
ポケット側 ヒネリ金具のつけ方
フタ側 金具のつけ方
おすすめ材料 ひねり金具・ヒネリ止め具



kororin-555-100.jpg

このページは スマホ版の表示で ご覧いただけます。
リーダー表示は不具合が発生するのでご注意下さい。


当サイトの作り方は ステッチ定規 を使用して製作しています。
縫い位置の印等は入れていないので、やりやすい方法で お作り下さい。


完成作品の詳細は コチラから
↓
kororin-130-a1.jpg
① 【A1】 丸底
パイピング仕立てのバッグ

2013-1115-01.jpg

①【A1】ヒネリ金具のフタ付きポケットは3回に分けて説明しています。

①【A1】ポケットの作り方

がくぶちパイピングの縫い方


ヒネリ金具のつけ方


フタつきポケットのつけ方




金具と補強芯の貼り方


ヒネリ金具のフタ付きポケット、今回は「ヒネリ金具」のつけ方です。

2013-1116-01.jpg

ヒネリ金具は色々な大きさや形があるので、バッグの大きさやデザインイメージに合わせて選んでください。
今回は楕円型の金具を使用しました。

おすすめ使用材料 ⇒ ひねり金具・ヒネリ止め具

ヒネリ金具 1組

価格 167円 (税込)


2013-1116-02.jpg

金具を取り付ける部分の布裏側に、金具より大き目サイズの補強芯を貼ります。

スライサー芯(シールタイプ接着芯)を使っています。
シールタイプの芯は固定できるのでラクですが、他の厚手芯でもOKです。


スライサー0.4mm
シールタイプ接着芯


2013-1116-05.jpg

芯は取り付ける金具より、少し大きめにカットします。

2013-1116-03.jpg

フタに使用している布は表が11号の帆布、
裏側は先染め ピンストライプの シーチング布です。


生地の森 11号帆布
ヴィンテージ クラシックカラー無地

表布は11号帆布を使用で、厚みとハリがあるので 接着芯を全面には貼っていません。表布が薄い場合や、しっかりとしたフタにしたい場合は 表面、または表裏両面に接着芯を貼ります。

2013-1116-06.jpg

この2枚はフタの布です。
外表に合わせて パイピングします(前回の作り方説明)

2013-1116-07.jpg

右の穴が開いた金具が フタ側、ポケット側がヒネリと座金です。
左のポケットは裏側が見えるので、仕立てる前に金具をつけます。




ポケット側 ヒネリ金具のつけ方


2013-1116-08.jpg

ポケット側の表布は、金具の足を通す部分に「座金」を使って印をつけ、カッターナイフやはさみで切り込みを入れます。

2013-1116-09.jpg

2013-1116-10.jpg

表側からヒネリ金具を 差しこみ、座金を入れて ヤットコ等の工具で足を曲げます。

2013-1116-11.jpg

金具に傷がつかないように当て布をして、カナヅチで叩いて足を折ります。

2013-1116-12.jpg

ヒネリ側はこれで終わりです。
足がしっかりと折れていれば、グラグラしません。

裏側が見える部分に取りつける場合は、金具をつけた後で革やフェルト等をボンドで貼って目隠しすると、スッキリ見えます。




フタ側 金具のつけ方


2013-1116-13.jpg

フタの表側は、金具をつける位置の足部分に切り込みを入れ、金具を差し込み内側に 口のカタチに細い線で印をつけます。

2013-1116-14.jpg

ここの線が はっきりしないと?
完成時に金具の内側から 布端が見えてしまうかも…

2013-1116-15.jpg

口の印の外側 2mmの位置に、細かいミシン目で2周 縫います。
金具の形状によっては見える場合があるので、形に合わせて1~1.5mm位に変えてください。

2013-1116-16.jpg

縫い目より1mm内側をカッターナイフやはさみで くり抜きます。
切りすぎないように、慎重に・・・
ここも金具の形状によっては布端が見える可能性があるので、微調整してくり抜いて下さい。

2013-1116-17.jpg

布が ほつれないように、ボンドで固めます。
ボンドはつけすぎないように、裁ち目の断面部分を止めるように塗る感じです。

2013-1116-18.jpg

フタの表側から表パーツの金具を刺します。

2013-1116-19.jpg

2013-1116-20.jpg

裏面の金具をかぶせて、ヤットコの先で足を軽く曲げ・・・

2013-1116-23.jpg

金具を完全に固定する前に、ズレや歪みがないか確認します。

2013-1116-21.jpg

金具に傷がつかないように、当て布をはさんで曲げます。

2013-1116-22.jpg

片方が微妙に歪んでいますが、くぼみになっているので折り曲げづらいです。
気をつけて曲げてください。

2013-1116-24.jpg

2013-1116-25.jpg

ポケットの作り方、つけ方は次回です。

①【A1】ヒネリ金具のフタ付きポケットは3回に分けて説明しています。

①【A1】ポケットの作り方

がくぶちパイピングの縫い方


ヒネリ金具のつけ方


フタつきポケットのつけ方



ころりんトート・丸底バッグ
8型の作り方 もくじ
↓

型紙は オンラインショップ
ヤフーオークション で販売中です

やじるし



見本に使用している材料( 布・芯・付属品 )や作り方、サイズ変更等についてのご質問には ご返答できかねます。




ひねり金具・ヒネリ止め具




【1】芯
接着芯・バッグ用の芯・ボンド
【2】口金
ファスナー・口金・がまぐち
【3】金具
バッグの金具・カシメ・ホック類
【4】装飾
タグ・レース・パーツ・テープ
【5】持ち手
持ち手・ショルダー 制作材料
【6】道具
おすすめの道具・材料
【1】花柄布
リバティ・花柄プリント
【2】水玉布
水玉・ドット柄 プリント
【3】厚地布
リネン・無地・帆布
【4】撥水布
ラミネート・撥水加工の布
【5】キルト
キルティング布
【6】レザー
合皮・本革・レザー

紹介しているアイテムは楽天市場の各ショップにて販売されている商品です。販売終了の商品もあるかと思いますので、ご了承くださいませ。



もくじ

フタつきポケット&持ち手根元 つけ方 ①【A1】


フタつきポケットのつけ方と、持ち手の根元部分のパーツのつけ方です。
①【A1】ヒネリ金具のフタ付きポケットの説明〔3-3〕です。

2013-1117-28.jpg


◆ ページ内 もくじ ◆◆◆
ポケットの仕立て方
ポケットと、フタの縫いつけ方
持ち手の根元部分 パーツのつけ方



kororin-555-100.jpg

このページは スマホ版の表示で ご覧いただけます。
リーダー表示は不具合が発生するのでご注意下さい。


当サイトの作り方は ステッチ定規 を使用して製作しています。
縫い位置の印等は入れていないので、やりやすい方法で お作り下さい。


完成作品の詳細は コチラから
↓

2013-1115-01.jpg

①【A1】ヒネリ金具のフタ付きポケットは3回に分けて説明しています。

①【A1】ポケットの作り方

がくぶちパイピングの縫い方


ヒネリ金具のつけ方


フタつきポケットのつけ方




ポケットの仕立て方


ヒネリ金具のフタ付きポケット、今回はポケットのつけ方です。
2枚の布で仕立てるパッチポケットは、布端の裁ち目が見えずにスッキリします。

2013-1117-02.jpg

それぞれのダーツを縫い、表布は中心側、裏布は外側に倒します。

2013-1117-03.jpg

2013-1117-04.jpg

縫いしろを交互に倒すと、厚みが減るので縫いやすくなります。
ヒネリ金具は表側に先につけておきます。

2013-1117-05.jpg

中表に合わせ、上側で返し口を5cm程度あけて周囲を縫います。

縫いしろは1cmですが、型紙のサイズ通りに裁断できている場合、1cmで縫って表に返すと完成サイズが小さくなります。
布の厚みと 裏側に控える分も考慮して、8~9mmの位置を縫います。

2013-1117-06.jpg

縫い目のキワをアイロンで表側に折ります。

2013-1117-07.jpg

カーブ部分の縫いしろを5mm程度にカット、
上側のカーブがそっている部分には2~3箇所、浅く切り込みを入れます。

2013-1117-08.jpg

2013-1117-09.jpg

返し口から親指を入れ、角をたたんだ状態で つまみ、表に引き出します。
反対側のカドも同様に・・・

2013-1117-10.jpg

2013-1117-11.jpg

目打ちで カドを整え、返し口を折り込み、アイロンでカタチを整えます。

2013-1117-12.jpg

上側のポケット口の部分にステッチをかけます。
両サイドの上位置から縫い始め、口部分を縫って反対側で縫い止めます。




ポケットと、フタの縫いつけ方


2013-1117-01.jpg

ポケットつけ位置の上端部分は、裏側に補強用の芯を貼っておきます。

縫いつける位置の印は表側につけます。
ズレた時に目立つので、完成ラインより内側に、ポケットの形全体を写すのではなく、中央位置・合印・上端、その他2~3箇所を点でつけます。

2013-1117-13.jpg

2013-1117-14.jpg

表胴のポケットつけ位置に合わせ、両端上側は返し縫いで縫います。
ズレるのが不安な場合は、マチ針か しつけで仮止めして下さい。

2013-1117-15.jpg

ポケットの中は 縫いしろが見えないので、スッキリ仕上がります。

2013-1117-16.jpg

2013-1117-17_20131121233649ef6.jpg

フタを つけ位置に合わせて縫い、パイピングのステッチの上にも重ねて縫います。

2013-1117-18.jpg

裏側の補強芯は、下側ポケットの上端部分に かかっていればOKです。

2013-1117-19.jpg

型紙にはフタの「返り分」と、「浮き分」も含まれています。
金具やポケットの位置がズレている可能性もあるので、フタを縫い付ける前に金具を閉じて確認してから縫って下さい。




持ち手の根元部分 パーツのつけ方




持ち手テープをつける時、根本をかくす為のパーツの作り方です。

2013-1117-20.jpg

革を使うので断ち切りのままです。
断面をコバ塗りする場合は、縫い付ける前に塗ります。

厚みのある革は、ミシンによっては縫えないので注意して下さい。

2013-1117-21.jpg

型紙サイズに革を4枚裁断し、切り込みを入れます。
見本作品は25mm幅の持ち手ですが、30mm幅まで可能です。

2013-1117-22.jpg

持ち手のつけ位置に縫いつけます。

2013-1117-23.jpg

上側で返し縫い。持ち手をつけると ほぼ見えませんが、倒すと見えるので気になる場合は裏側で糸を結んで処理します。

2013-1117-24.jpg

裏側、カシメ打ち用に補強用のシール芯を貼ります。


スライサー0.4mm
シールタイプ接着芯


2013-1117-25.jpg

2013-1117-26.jpg

下側の切替を つなぎ、ステッチを かけます。

2013-1117-27.jpg

裏側。
ハリと厚みのある11号帆布を使用しているので、ファスナーポケットの袋布のみ 接着芯を貼っています。使用する布の厚みやデザインイメージで芯は選んで下さい。

バッグ8型に使用した芯の仕様について
↓


2013-1117-28.jpg

この先は中表に合わせてサイドを縫い、底をつけ、パイピングで仕立てます。
↓

丸底の中袋 作り方


丸底バッグ 底の縫い方


パイピングの仕立て方




バッグ口のパイピング後、持ち手をつけると完成です。
↓
持ち手のつけ方 ①【A1】
↓

取り外し式の底板は、お好みです。
↓
取り外し式の底板 作り方
↓


ころりんトート・丸底バッグ
8型の作り方 もくじ
↓

型紙は オンラインショップ
ヤフーオークション で販売中です

やじるし



見本に使用している材料( 布・芯・付属品 )や作り方、サイズ変更等についてのご質問には ご返答できかねます。








もくじ

単位変換サイト♪

型紙 販売中~♪


型紙は オンラインショップ &
ヤフーオークションで販売中です


z-yahoo-banar.jpg

海外への発送は行っておりません。
海外発送は転送コムをご利用下さい。

shop and ship from japan
shop and ship from japan
Please use this
for overseas sending.

過去の記事 ♪

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2013年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

プロフィール & お問い合わせ

ちくちくふれんど

--- 自 己 紹 介 ---


このサイトは リンクフリーです

メッセージ どうぞ
商品以外のご質問には
ご返答できかねます
よくある ご質問 ・ お問い合わせ
作り方ページの印刷方法

作品の作り方♪


がまぐちバッグ 4型

マザーズ・トートバッグ 4型
マザーズ・トートバッグ 4型 ** 作り方 もくじ へ **

ころりんトート 丸底バッグ 8型
kororin-180-120.jpg
ころりんトート 単独 もくじ

スクエアポーチ 5型
スクエアポーチ ** もくじ **

ぺたんこバッグ
ぺたんこバッグ

ストリングキルト バッグ

パッチワークの テディベア
パッチワークのテディベア ** もくじ **

フェルト ミニドール
フェルト ミニドール

アップリケ講座
アップリケ講座 ** もくじ **

実物大 無料型紙は コチラから
ちくちくふれんど ** 無料型紙 **

カテゴリー

 作り方記事 やじるし もくじ

2012-0713-09.jpg


 全ての記事を 表示 ♪


くまちゃん劇場 ** もくじ **

作り方 ・ ぬい方の記事

● 作り方の基本 まとめ記事へ ●

● ぬい方 まとめの記事へ ●

おすすめ バッグ材料

おすすめのミシン

おすすめ 生地屋さん

タグ スタンプ♪♪

Thank you♪♪





Copyright © ちくちくふれんど